葬式

Pick Up Article

日本国内で行われる一般的な葬式

まず大前提として宗派は問わず、あくまでも代表的な葬式についてご紹介します。人間は生まれてきたら死にます。その死亡時にこの世の未練を断ち切るための儀式の事を、葬式と言います。通常は…

顧客ニーズに合致した複数プランの葬儀社

葬式と言うと、時間とお金がかかるというのが従来のイメージでした。葬儀代金も内訳がさまざまあり、素人にはどれも省略できないように見えます。そのため今までは、葬儀社の言いなりになって…

日本国内で行われる一般的な葬式

まず大前提として宗派は問わず、あくまでも代表的な葬式についてご紹介します。
人間は生まれてきたら死にます。その死亡時にこの世の未練を断ち切るための儀式の事を、葬式と言います。
通常はお通夜が行われ葬式が有り、告別式と言う流れが一般的ではないでしょうか。
またこの中で儀式として行われるものは葬儀と告別式ではないでしょうか、通夜と言うのは故人を惜しんで親族や友人が集まり、宗派によっては線香が絶えないように見張るものです。
葬儀と言うのは故人の友人や親せきが集まり、その魂と肉体を切り離すための儀式であり、告別式も故人の親せきや友人が集まり、この世の未練を断ち切るための儀式と解釈すれば分かりやすいと思います。
またそのすべてにかかる費用は病院からの移送や棺桶代やお布施や戒名、火葬や会場まですべて含まれると50万から100万円は用意しておいた方が無難かもしれません、また直系ならお墓の心配はないでしょうが、分家の場合はそれにお墓の代金もかかってきますので、かなり大きなお金を用意しなくてはいけないと思います。
しかし日本の葬式と言うのはほとんどが儀式なので、その儀式を執り行うお坊さんの数が、絶対的に必要になってくるのではないでしょうか。

Information

»More Contents

News List

2017年08月30日
葬式に子供が出席する場合を更新しました。
2017年08月30日
葬式の時の服装についてを更新しました。
2017年08月30日
顧客ニーズに合致した複数プランの葬儀社を更新しました。
2017年08月30日
日本国内で行われる一般的な葬式を更新しました。
TOP