葬式

Pick Up Article

日本国内で行われる一般的な葬式

まず大前提として宗派は問わず、あくまでも代表的な葬式についてご紹介します。人間は生まれてきたら死にます。その死亡時にこの世の未練を断ち切るための儀式の事を、葬式と言います。通常は…

顧客ニーズに合致した複数プランの葬儀社

葬式と言うと、時間とお金がかかるというのが従来のイメージでした。葬儀代金も内訳がさまざまあり、素人にはどれも省略できないように見えます。そのため今までは、葬儀社の言いなりになって…

顧客ニーズに合致した複数プランの葬儀社

葬式と言うと、時間とお金がかかるというのが従来のイメージでした。
葬儀代金も内訳がさまざまあり、素人にはどれも省略できないように見えます。
そのため今までは、葬儀社の言いなりになって、多額の葬儀代を支払わなくてはなりませんでした。
しかし近年では、葬儀社も利用者のニーズに合わせて、様々な葬儀プランを提案しています。
葬儀を開催する期間や、参加人数などにより、最適なプランニングをしてくれます。
代表的なコースとしては「一日葬」「家族葬」「一般葬」などです。
一日葬は、「お通夜」をおこなわず、告別式のみで済ます葬儀プランです。
通夜がないため、一日で葬儀が済み、費用と時間を抑えることができます。
家族葬は、通夜・告別式を親族などの身内だけで執り行うプランです。
このプランでは、参加人数が少ないことから、会場や飾りつけ、返礼品などが少なく済み、その分だけ出費を軽減できます。
もちろん通常通りに沢山の友人・知人を招いての葬儀を執り行いたいという方は、一般葬を利用できます。
費用は少々高くなりますが、喪主も参加者も納得の行く葬儀を執り行うことが出来ます。
そして、これらのコースは分割払いにも対応しており、急な出費に対応できない、という事態を避けることができます。
追加料金などもないので、後で支払いに困るといった事態も避けられます。
葬儀を安価に済ますなら、複数のプランが用意されている葬儀社を選びましょう。

Information

»More Contents

News List

2017年08月30日
葬式に子供が出席する場合を更新しました。
2017年08月30日
葬式の時の服装についてを更新しました。
2017年08月30日
顧客ニーズに合致した複数プランの葬儀社を更新しました。
2017年08月30日
日本国内で行われる一般的な葬式を更新しました。
TOP